野菜を積極的に摂りいれよう


 美容と健康のため野菜料理を中心とした食生活を心がけている方は多いと思いですよね。
ですが、肉類は摂らないなど極端に野菜だけの食事では、すぐにお腹が減ったり、栄養不足も気になるなど注意する点もあります。
そこで、野菜中心の食生活のメリットとやり方をご紹介します。

◆野菜中心の食生活のメリット
・野菜の栄養で病気予防とダイエット!
 野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。
 ビタミンは、体の細胞の中で行われる代謝に必要なものです。ビタミン不足になると、免疫力が低下して風邪をひきやすくなるとも言われています。
 また、低カロリーである野菜はダイエットには欠かせない食品です。野菜の中には、コレステロールを下げる栄養素が含まれる野菜が多数存在しますが、その中でも注目したいのが椎茸です。
 椎茸には、エンタデニンと呼ばれる特有の栄養成分が含まれており、コレステロール値低下に期待できると言われています。

・消化が良く胃腸の負担減にも!
 野菜は、胃液での消化が必要なく、肉類などの動物性タンパク質に比べると消化が良いです。
 野菜中心の生活をすると、消化での無駄なエネルギーや体力を消耗しなくて済みます。

◆野菜中心の食生活のやり方
・生で食べるより、ひと工夫
 生野菜だけを食べていたのでは、すぐにお腹も減ってしまいます。そこでひと工夫、蒸す、焼く、炒めるなどひと手間かけて、たっぷり野菜料理を楽しみましょう。
 葉野菜だけでなく、モヤシや芋、キノコ類などもおススメ。こちらもレシピをチェックして色々な料理を試してみてはいかがでしょう。

・不足しがちな栄養素
三食、野菜料理だけではタンパク質が不足してしまいます。副菜などで納豆、豆腐、油揚げなど植物性タンパク質を多く含んだ食品を必ず摂るように心がけましょう。肉類を控えたい場合には、魚、乳製品、卵を摂るようにしてください。
旬の野菜は、ビタミンなど栄養が豊富、ハウス栽培のものより数倍含まれています。


野菜中心の食生活をしている一番のメリットは、自分の健康管理について敏感になることです。
サプリメントや栄養補助食品などに頼らず、旬の野菜をひと手間加えて色々な料理で食卓を楽しみましょう。